Placeholder image

家全体のリフォームから、気になる部分リフォームまで青木興業がご提案する思い通りリフォーム

住まいの全体改築はもちろんのこと、リビングのみ、キッチンのみ、また家の中の段差をなくすシルバー対応、車イス対応、耐震性の補強、収納を増やす、採光を増やし室内を明るく、二世帯住宅に等々、さまざまなご要望を承っております。まずはお気軽にご相談下さい。

①ご希望のプラン

ご予算・ご希望に応じた最善のプランをご提案します。


②技術と実績

設計・施工・管理まで、地域の住まいづくりを手掛ける当社の経験豊富な専門スタッフが担当致します。

③アフターフォロー

受け渡しの後のメンテナンスや万全のアフターサービスをご利用いただけます。


新築住宅・リフォームの資料請求・お問い合わせは

伊豆の国営業所 TEL055-949-5811 担当:森川まで

水まわりの リフォーム

機能美とデザイン性を両立させた想像以上の仕上がりのもと、女性の最もこだわりたい「水まわり」のリフォームもお任せ下さい。 お客様から高い評価をいただいております。

物置だったスペースを有効に利用し、新たに対面キッチンを増築しました― 施主様のご希望にあわせて現代の生活スタイルや感性を取り入れつつ、耐震補強、バリアフリー化、水周りを一新し、新しい空間を作り上げました。

Placeholder imagePlaceholder image

昔ながらの和式トイレは今となっては使い勝手や無理が目立ち、特にご高齢者にとってはストレスに感じられます。このリフォームでは段差をなくし、窓の位置を変更、大きな鏡を設置することで、ゆとりを感じられる明るいスペースに再生できました。

Placeholder imagePlaceholder image

Dropdown content#1

Dropdown content#2



リフォーム施工価格目安

「いったい どれくらいかかるの?」 お客様の不安を解消するためにも、明確なお見積りを作成いたします。※下記はあくまでも目安です。

placeholder image

システムキッチンに交換

(I型スタンダード普及品 IHヒータ W255mm) 撤去処分費・給排水接続・電気工事・キッチンパネル

800,000円~ 工期6日~

placeholder image

トイレの取り替え(和→洋便器)

(洋式水洗い 1畳相当) 撤去処分費・給排水接続・電気工事・木工事・クロス工事

400,000円~ 工期4日~

placeholder image

ユニットバスへリフォーム

(1坪スタンダード)・既存浴室解体・撤去処分費・木工事・クロス工事・ガスボイラー工事(24号)・電気工事・水道工事

1000,000円~ 工期6日~

placeholder image

屋根ガルバリウム鋼板ふき替え

屋根面積100㎡・既存屋根瓦→ガルバリウム鋼板・足場工事・撤去処分費・木工事・防水シート・板金工事他

900,000円~ 工期14日~

placeholder image

外壁の張り直し

外壁面積180㎡・床面積33坪程度・窯業系サイディング(16mm塗装板)・撤去・防水シート・サイディング・木工事・コーキング

1600,000円~ 工期14日~


-Before-

Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

-After-

Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
伊豆の国市韮山 S様邸 古民家再生「奈古谷の家」
伊豆の国市奈古谷(なごや)は多くの農家が立ち並ぶ歴史のある土地です。中でも築70年、昭和15年に建てられたS様邸は、長い歴史の中で幾度となく手を入れられ、古民家本来の魅力が薄れ、現代のライフスタイルにあった再生が望まれていました。一方で、家族の歴史を見守り続けてきた大黒柱や太い梁を意匠とし、古き家の伝統を継承してゆくことが求められました。今回の再生では、モダンな外観、力強い木枠を見せ、古材や建具も再利用することで、年月を経た風合いを守りつつ、モダンで落ち着いた空間に仕上げました。水まわりも一新、田の字型の配置である間取りに、中廊下を設け、機能性を高め、現代的な暮らしやすさも追求しています。

再生のポイント

■高さ2mの嵩上げ工事による鉄筋コンクリート基礎の新設
■木造軸組みの「耐震補強」
■次世代省エネ基準の「高断熱・高気密化」
■手すり、段差解消、引き戸等の「バリアフリー化」
■室内の調湿、吸着、消臭効果のある「自然素材の珪藻壁」
■高窓から太陽光を取り込み、より明るい空間を生み出すデザイン
Placeholder image

-Before-

Placeholder image
Placeholder image

-After-

Placeholder image
Placeholder image

歴史あるお寺の本堂屋根葺替及び耐震工事

-Before-

Placeholder image
Placeholder image

-After-

Placeholder image

柱や軒の塗装直し

Placeholder image

通路も広くなり着物の裾の心配がなくなりました


◆屋根は長年の風雨によって土がのっており、重い瓦屋根がさらに重くなっていました。
◆海に近く風も強い地域のため、屋根は自重が軽く耐食性に強い「ガルバリウム鋼板の金属瓦」に葺替えました。
◆荘厳な趣のある風格を保つために、本堂入口付近と柱の塗装直しと補修をしました。
◆筋交い配置ができない日本伝統建築のため、耐震ダンパーを天井裏、床下、屋内にも設置。制震の考えのもと耐震強度を高めました。

Placeholder image

Placeholder image

下屋は解体して基礎から新築。屋根材も本堂と同じ金属瓦にし勾配も変更。外壁は年月の経過で味のある色になるような塗装処理。

Placeholder image

鬼瓦は特注品。

Placeholder image

檀家様への気遣い、手すり設置と段差の軽減。

Placeholder image

耐震ダンパーの設置。敢えて目に見える箇所に設置⇒安心感。

 
 

PAGE TOP