古民家再生プロジェクト

戦前の日本ではその地で採れた良質の木材が建築に使われてきました。
しかし戦後の建設ブームで安い強制乾燥材や外国の安価な木材が主流になると、長い時間を掛けて自然乾燥した国産の木材はほとんど使われなくなってしまいました。
樹齢100年のヒノキは伐採されてから100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増し、その後はゆるやかに強度が減少、300年を経過すると伐採時と同程度の強度に戻るという研究結果があります。
長い時間をかけて自然乾燥された「天然乾燥材」=「古材」は剛性が増し、「新材」より丈夫で長持ちするのです。
この古材が生きている昭和25年以前に建てられた民家、もしくは、築50年以上の民家(以下古民家と表示)には様々な可能性と魅力、そして強さがあります。
新しい息吹を吹き込み、古き良きものを未来へ残す…
青木興業の新たな取り組みが始まりました。

再生した古民家のイメージパース

古民家に住んでみませんか?

古民家にご興味のある方や、移住をご検討の方に、青木興業では伊豆市と連携して「古民家お試し住宅」を始めます。体験プログラムはこちら ↓
青木興業古民家お試し住宅を伊豆市サイトから申込
10日間無料お試し居住
※光熱費・宿泊費は弊社で負担致します。
お試し居住中に主に土肥地区内の未改修の古民家物件
及び、改修済の古民家物件の見学
上の図のようなパースや改修例のお見積り書をお渡しします。
改修費用の目安になさって下さい。
古民家だからこそ「どこまで直すといくらかかるのか」「予算内でどこまでできるのか」気になるところだと思います。弊社設計士と建築士が同行致しますので、技術的なこと、予算的なこと、地形的なこと、地元のこと等、不安に思うことは遠慮なくご確認・ご相談下さい。
古民家に必要な改修は耐震・雨漏り・断熱です。物件により改修の度合が異なりますので、見学の際、ご説明いたします。
お客様が思い描く暮らしを大切にし、ビジョンと費用(物件価格や改修費用・その他諸経費)のバランスが取れた家づくりをご提案いたします。
住んでみたい!購入したい!
移住を検討しているがもう少しお試し期間が欲しい等
不安に思うことはご相談下さい。
土地・建物の売買契約
※売買契約のみ。不動産会社仲介。
改修開始
定住

朝香邸のスライドショーを入れる

古民家の不安を解消します!

 間取りについて
古民家の間取りは昔の生活文化に対応した作りになっています。それは現代の生活様式に合わなくなっている所もありますので、生活導線や日当たり、風通しなどを配慮しながら、お客様のライフスタイルに合わせた間取りへと変更致します。襖や障子で区切られていた空間を広いLDKにしたり、梁を見せた吹き抜けの天井にして開放感のある空間を作りだしたり… 古民家をより洗練された空間に、そして住み心地の良い環境へと生まれ変わらせることが可能です。間取りの変更は弊社設計士にご相談下さい。
 断熱性能について
築20~30年と経過した家は断熱材が入っていなかったり、古民家は隙間が多いために断熱性能がありません。ですが、風や自然光を取り入れて夏は涼しく冬は暖かに過ごす工夫が建築の技でなされているのもまた古民家です。そのような先人の知恵や立地を活かしながら遮熱材や断熱材を取り入れ、またペアガラスなども利用することで省エネで快適な住まいへの再生が可能です。【高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)】や【次世代省エネ建材支援事業】の補助金を受けることができます。
 耐震について
木は年数が経つほどに強度を増しますが、蟻害や腐食部分については耐震構造上改修が必要です。人体に害のない防蟻・防腐の処置を行い、その部分を取りかえ補強致します。
耐震補強には様々な工法があり、構造用合板や取付金物を用いて補強するすると、既存部分の解体撤去を最小限に抑え、工事費や工期を縮減することができます。

補助金を活用してみませんか?

期限や条件がありますので各サイトでご確認下さい
【移住】伊豆市若者定住促進補助金
伊豆市に定住する若者夫婦世帯に対する補助金です。
伊豆市の土地及び住宅を購入した場合: 上限100万円
住宅のみ新築及び購入した場合: 50万円
小学生以下のお子様が同居する場合は1人につき10万円プラス
条件: 夫婦のいずれかが満40歳以下の世帯
伊豆市住宅補助事業
【耐震】木造住宅補強計画策定事業
耐震診断の結果、耐震性に問題がある場合、どこをどのように補強するかを検討する補強計画を策定するための補助金です。
補強計画策定費用の2/3を助成: 上限9.6万円
条件: 1981年5月以前に建築された木造住宅
【耐震】木造住宅耐震補強助成事業
木造住宅の耐震補強工事にかかる費用: 上限70万円