道の駅 月ヶ瀬に行ってきました

令和元年に開駅した静岡県で25番目の道の駅。国道414号と136号からアクセスでき、天城方面や西海岸を訪れる方にはおススメの最新スポットができました!

地域ならではの特産品や野菜が手に入るだけでなく、カフェも併設されているので、清流狩野川や伊豆縦貫道の見事な橋脚を眺めながらほっと一息してみては。

この伊豆縦貫道の橋脚がなかなかアートでして、狩野川の景観をこわさず、自然と土木構造物が一体となって洗練された空間を作り出しています。是非お写真を-

 

道の駅の中はどうなっているかといいますと、1階は売店となっていまして、地物野菜や特産品を購入することができます。

伊豆の特産品といえばわさび・しいたけでしょうか… わさびの茎の甘酢漬けが地元ならではのレアな商品。私は買うというより近所の方からいただくことの方が多いですが… 酢の物がお好きな方は是非。

そして、しいたけですが、伊豆のしいたけはまず原木栽培なので、菌床栽培に比べて栄養価がかなり高く、香りも弾力も全然違います。袋に入っているので香りを嗅ぐことはできませんが、しいたけで天皇賞や農林水産大臣賞をとっている農家さんが多いのでこの機会に是非。ちなみに旬は春と秋です。

私は地物野菜や子供が大好きな赤米餅をよく買います。とにかく野菜が新鮮でお手頃ですよ♪

 

美味しいお水や空気だけでなく、新しく洗練されたモノ・空間に触れ合えると、田舎に住んでいても都会と地方が融合した豊かさを感じることができます。

道の駅 月ヶ瀬はそんな場所です。

今度はカフェにも寄ってみたいと思います。

 

Share your thoughts